女性農業者in北海道





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

きたひとネット 10年後の北海道農業を考える :: 2014/06/05(Thu)

来年2月に開催する きたひとネットフォーラムの企画に入っています。
丸2ヶ月ぶりの役員会。
それぞれの畑や田んぼの様子、活動報告から入りながら情勢認識を共有する作業も大事。
あまりにひどい干ばつで十勝では廃耕になるはたけも出ているという。
5月の23日だっけ、オホーツクでは玉葱やビートの苗が植えられた畑に雪が積もり、そして1週間経つと夏日?猛暑が来ている。どんな作柄になるのか???

1985年の北海道の販売農家戸数、187,333   2013年 93,900  半分だ。
        40歳以下の農業従事者 58,000人         14,000人
        40~60歳まで      80,000人         33,500人
        60~            36,000人         46,300人  半分は60歳以上なんだ。

でも全国では70歳以上で46.8%、60歳以上が85%

さあ、あなたの回りに若手の農業者はいる?
この数で日本の食糧基地を支えていくの?
私たちはこの現状を見ながらこれからどういう農業者になるのか、農業者を育てるのか考えなくちゃならない。
自分の経営が成り立つだけじゃなく、地域の未来も考えなくちゃ保育所も学校も病院もなくなってしまう。
そんな時代に、男達だけに未来への方針決定を任せておいて良いのだろうか?
私たちだから見えることもあるのだと思うし、出せる力もあるというものだ。
地域を変え、経営を変えるのは農業や食を経済だけで考えない・命とつなげて考える事のできる者たちだ。
損得だけじゃダメなところに来ていることを認識して
フォーラムのテーマは「創る
未来予創図~北海道女性農業者の経営参画モデルを考えよう
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<じゃがいもの花 | top | 家族経営の難しさ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://agredy.blog109.fc2.com/tb.php/415-58d80b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。