女性農業者in北海道





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

農業、農村をどうするつもり? :: 2013/12/21(Sat)


遊休農地を持っていた人がこの3年ほど戸別所得保障に後押しされる形でそばづくりをした。遊休農地の解消になったのだ。
しかし、今日会合で「来年からは保障ないから、そばの値段だけになるね。きっと価格はもう少し上がるだろうけどね。」というと、とてもショックな様子。
実際、所得保障があるから、たくさんの人が菜種とかそばとか栽培したけど相場は暴落した。「どうせ所得報償があるから、このくらい安くても良いでしょ!」と言う買いたたきと供給が増えたことによる。
しかし、中国産のそばは相変わらずたくさん入ってくる。
市場に出回る中国産の玄そばの相場は北海道の農家が出荷する玄そば価格と拮抗する。
・・・が、そば粉になったとたんに値段の格差がついているようだ。おやこ


で、その生産者さんは来年はそばを作るのだろうか?
他の豆類やビート、スイートコーンなど畑作仲間と相談して輪作体系の中でいくつかの作物と数年間の時とトータルで収益を産むのが畑作と土作りだから~と話をしたけど、作業機をそろえたり維持管理のことまで考えると続ける意欲がでるのだろうか、心配だ。

そば屋としては地元のそばがないと困るので、生産費を積み上げた再生産可能な価格で買う算段をしなくてはならない。しかも、必要量しか買えない。もし豊作貧乏になったら、また作ってもらえなくなっちゃう。

農政をコロコロ変えたり、「農業所得倍増」とか言ってる皆さんは、こんなちっぽけな地域の悩みはどうでもいいんだろうな。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<タイトルなし | top | プレーンヨーグルトの原材料>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://agredy.blog109.fc2.com/tb.php/405-1975d722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。