女性農業者in北海道





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

国益って何?TPP :: 2012/02/27(Mon)

交渉参加問題で、日本と関係9カ国との事前協議が一巡した。
ベトナムやマレーシアなど6カ国は日本の参加にOK。でもアメリカ・オーストラリア・ニュージーランドなどは「本当に日本に農産物の市場開放させられるのか?」というところで保留しながら、日本政府を揺さぶっている。

この前、北海道で開催されたTPP問題連絡会議で、内閣府の役人は「国益は守る」といい、「国益とは何か?」と聞かれて「世界に誇る医療制度・国民皆保険と、美しい田園風景・・・」と言ったが、実際に野田首相が発言したときには「母の背中から見た美しい田園風景・・・」だったそうだ。
野田氏は千葉県出身だったかな。
小さな区画のしかもウン十年前の田園風景。
風景だけほんの少し保護しようという意味ではあるまいな。
しかもそのイメージに、北海道の畑作風景や酪農風景は入っていないんだろうな。きっと。

農業だって保護されてばかりじゃいいものは作れない。
より美味しく、栄養豊かに、食文化と共に地元の人に支持されて、産業として成り立つことでさらに品質も生産も上がるのだ。
輸出より先に、同じ日本人の口に入り美味しいと認められたいのが本当だと思う。
なぜ、日本人が自分たちの食べるものを自給するのが当たり前とは言わないんだろう。
「いただきます」「ごちそうさま」という言葉の意味するところ、生産の現場や流通・調理までが食卓と離れてしまったことが問題だと「食育」が取り上げられたのに。
もっともっと離れて想像もできない生産現場になってしまうのではないか。

家族の食べるものを家族が台所で作って温かい食卓を囲む・・・自然のことだ。
無理して外から出前をとったり、テイクアウトの総菜がオススメ・・・だと国が勧めるようなもんだ。

そんなイメージの国益より、これから日本人の体と健康をどう作り支えるのか、考え直してほしい。

スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<農産加工も・・見方 | top | にゃんにゃーごの日>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://agredy.blog109.fc2.com/tb.php/198-7f5a7e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。