女性農業者in北海道





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

BSEでリスクコミュニケーション :: 2011/11/07(Mon)

ityo
今が盛り、有名な北大銀杏並木 13条門からの道です。

北大の実行委員会が主催する討論型世論調査「みんなで話そう、食の安全・安心」というイベントに見学者として参加してきました。

今日は雨、構内の池ではそれでも元気なかもが…
ik
そして中央道路には元気な赤フン学生!
惠迪寮の寮祭PRで走っているみたいです。
もう少したくましいといいんだけど、かなり寒そうな細身の子です。
akahun
写真を拡大したので、ちょっと荒いです。

まずは9時30分から開会の後、150名の札幌市民(無作為抽出)の皆さんが討論前アンケートに記入しています。
写真撮影は許された人だけなので私は見守っているだけです。

討論者にはあらかじめBSEが10年前に国内で発生してからの出来事や、対策、海外の状況、今後のことなど冊子で説明されており、そのダイジェスト版のようなビデオが上映されます。
余談かもしれませんが、ビデオ上映にあたり「屠殺場の様子が僅かにあります。」と言うようなお断りがありました。危険部位の除去やBSEの検査はどのように行われているか…の説明のためです。
やはり見たくない人もいるのでしょうね。
肉を食べる人間としては、見るべきだろうと私は思いますが。

その後グループに分かれて討論し、昼食を挟んで専門家(研究者2名・酪農家1名)にQ&Aです。
異常プリオンのこと、肉骨粉や牛の餌・ペットの餌、牛の飼養技術の変化・危険部位 など…

そしてまたグループ討論「これからBSE全頭検査をどうすべきか】
検査キットの値段が10年前の半分になったので、今は930円くらい、
これを税金から出しているのは問題?
農家が負担すべき!農家は甘えてるのでは?


おやおや、どうしてこんな事態になってしまったのかは農家の責任ではありませんよ。

肉の値段に添加したら1パックあたり数円、それでもいいんじゃない…

あらあら、そういう問題でもないと思うんだけど、
と、思いながらも見学者はお口にチャック。表情に出してもいけません。

ようやく検出限界や、肉骨粉禁止でその後の牛には出ていないことに話が及びました。

「無駄な検査だったらする必要がない。30ヶ月とか40ヶ月でもいいんじゃない…」
全頭検査が北海道ブランドを守るんじゃないの?

ううん、同じテキストを読んできても同じビデオを見ていても捉えるところはいろいろなのね。
あれだけ肉に着いてる耳票番号から携帯で産地…生年月日…移動経歴が確かめられることを宣伝してきたのにこの部屋の15人のうちそれを知っていた人は一人だったわ。
厳しいわね。

そしてまた全体に戻り、専門家に最後の様々な疑問が寄せられました。
専門家の皆さんも、真剣に丁寧に答えてくれています。

酪農家代表,M氏もやっぱりきっちり答えています。
彼で良かったと思います。

討論者もかなり理解が深まったようです。
情報の開示と繰り返しの発信、そしてこのようなリスクコミュニケーションの大切さが認識されたようです。
そして情報は客観的事実が大切だと。

福島原発の説明はあまり客観的な気がしませんものね。

2023年にはBSE清浄国になります。
国のなし崩しではなく国民的な理解の元で、方向を定めたいものですね。

今回、札幌市民に討論者が限定されており、第1次産業の人がほとんど見当たらなかったのがちょっと不満です。
農業でなくとも林業水産業などの人が、各グループに一人ずつでもいれば良かったと思います。

そして、先日のGM道民議会でも感じたのですが、今の若いモン、なかなか捨てなもんじゃないな。

スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<キクイモ華々しく(?)デビュー | top | ケータリング美利香>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://agredy.blog109.fc2.com/tb.php/149-b77bbfe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。