女性農業者in北海道





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

原発被災地の農家は今… :: 2011/08/25(Thu)

北大マルシェで福島県の桃農家やJAが桃を販売していた。

そして話を聞く機会があった。

この時期贈答品としてたくさん出回る予定だった福島県の桃

避難区域でもないし、検査の結果「出荷していい」と国のお墨付きはあるわけだけど
もう子どもを産むわけでもないと思う大人は、自分が食べるのなら…買うわけです。
ところが贈答品だと、食べるのは日頃お世話になっているあの方~その家族…と考えると使えなくなってしまう。

もう消費はがた落ちです。

国の基準値は、補償金の額を抑えるためかどうかわかりませんが、曖昧で勝手に変えられます。

生産している農家本人さえ、安全かどうか自信が持てません。

農家の家族の中でさえ、壮年の夫婦…おじいちゃんおばあちゃんは自家生産の野菜も果物も食べるのだけど、若夫婦とその子どもたちには西日本の食材を購入して別調理して食べるという悲しい暮らしになっているとも聞きました。

そして消費者も、『地産地消』を心がけ、おいしい地元産をえらんでいた人たちが、商品選択の自由を奪われています。地元の直売所はいったいどうなってしまうのでしょう???

原発から100キロ離れていたとしても、他県へ流出していく人が増えています。

これは風評被害でしょうか?

いえ、本当に安全だという根拠の無いものは風評ではなく実害。
働いたり家族が寄り添って暮らしたり、ふるさとを大切に思ったり、それを奪われるのは基本的人権の侵害でしょう。
地震のせいでしょうか?
すべてを自然災害とするのは間違っています。

私は、泊原発3号機の再稼働に安易に(財界の要請があったのかもしれませんが)容認した北海道 高橋知事にも、かつて無い不信感を持っています。
スポンサーサイト
  1. 農業と食
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<千歳、ルバーブファームのハンバーグ | top | 第2回北大マルシェ>>


comment

私も

そう思います。
心配しないで放射能に汚染されてくださいと言われているようです。
  1. 2011/08/26(Fri) 05:37:31 |
  2. URL |
  3. kekkow #gehdWcGA
  4. [ 編集 ]

Re: 私も

「安全だ、安全だ」と言って作って、ことが起きてから「たいしたことではない、無ければ困るでしょう?」という。
これって『儲かります。願いが叶います』と言って金を出させ、『信心が足りない」とか『もう少しお金を出せば~」というナントカ商法やエセ宗教に似てない?
  1. 2011/08/26(Fri) 22:11:06 |
  2. URL |
  3. yumico1201 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://agredy.blog109.fc2.com/tb.php/114-b1e6a9d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。