女性農業者in北海道





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

今年はどんな年 2 :: 2011/01/07(Fri)

なな
一応七草がゆも食べました。
セットの七草を買うとき、「ぁ、大根あるのにな・・・窓辺の植木鉢にハコベもでてたけど、ま、いっか。」という思いをしながら・・・わたしってケチ?


今年はどんな年になるのか、
どういう年なのか・・・
農業の立場からはやっぱり、TPP・・・・どうなるのかなあ。日本人はどこまでそれに消費行動が振り回されるのかなあ。少しは信じたい気持ちもあるんだけど。
安いものばかりに流れると自分たちの仕事も減って、結局は首を絞めていくってこと。

そして、昨年末、第3次男女共同参画基本計画が閣議決定された。

国際的にみて日本の女性の置かれている社会的地位はかなり低いライン、先進国の中ではもちろん最低。
その中でも農業の分野は特に低い。

閣議決定の中では農業部門の目標が努力目標から具体的な数値目標として期間も含め提示された。
画期的なことだ。


成果目標
●農業委員会、農業協同組合における女性が登用されていない組織数(※農業委員、農業協同組合役員を対象)
 農業委員会 :890(平成20年度)⇒0(平成25年度)
 農業協同組合:535(平成19年度)⇒0(平成25年度)

●家族経営協定の締結数
 40,000 件(平成19年度)⇒70,000件(平成32年度)

実は北海道は、遅れている農業分野の女性の地位・・・の中でも全国の最低だ。
女性の数が空白の農業委員会・農協の役員会が大半を占める。

それでは政策的にも、地域の課題解決のためにも生活視点に欠ける。
長い間、トップダウンの常識に慣れてきた男性ばかりで、このリーダー不在の政治状況をのりきれられるのだろうか?
「地方の時代」と言われて久しいが、町や村から、集落から、家族経営から・・・
実態から発する細やかな要求を、地域課題を自ら考えて変えていこうとする女性の力が必要なんだと思う。

だって、男性たちはいつも「行政は何をしてくれるのか?」という姿勢から変われないでいる。
自らがプランナーとして提案し協働することが大事なんだと思う。

女性はまだまだ訓練が足りず、時々とんちんかんなことも言うかも知れないけれど、それだって知ったかぶりで何も言わない男性よりましってもんだ。
社会進出しはじめれば、どんどん成長し同等な論客にもリーダーにも変わっていける。

農村地域の問題はもう後に引けないところに来ている。

後継者不足・農地の集積化→過疎と高齢化、学校もない、地域でお産ができない。買い物は一日がかり。


今年は農業委員選挙の年。
各地で女性の空白委員会を無くすよう、みんな立候補してみないかい?

きたひとネットでも、この課題を取り上げようと話し合っている。


スポンサーサイト
  1. きたひとネット
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<真冬日 | top | 今年はどんな年?>>


comment

No title

七草がゆ、雑炊タイプのを買っていたのに・・・食べるの忘れてました(笑)

TPP、昨年よくウチでの話に出てきました。
消費者側としても、国内の自給率が減ってしまうのではないか?
なるべく国産品を使いたい私としても、困った問題です。
私にできることは、国産品を買うことくらいですね。
  1. 2011/01/09(Sun) 21:56:05 |
  2. URL |
  3. もものん #-
  4. [ 編集 ]

No title

もものんさん
あなたのように、意識して国産品を応援して下さるのが一番です。
そういう声を聞くと
安心でおいしい、質の良いものを作ろうと農家はがんばれますよ。
  1. 2011/01/11(Tue) 23:01:18 |
  2. URL |
  3. yumico #MBN2DyBI
  4. [ 編集 ]

No title

食べるのはもちろん。でもそれ以外に何かあるんじゃないか?農や食に関心を持っている者にとって、農業が果たしている役割は多様で、もしなくなった場合の損失は甚大だと理解できている。しかし・・・。消費者は何ができるか。これ、けっこう大事かも。じゃあ、何をするか!?

女性農業者の方がドンドン委員会等に進出していって下さい。
  1. 2011/01/13(Thu) 23:26:18 |
  2. URL |
  3. あすてろいど #1PGWDTAk
  4. [ 編集 ]

No title

あすてろいどさん、
農業生産物を経済政策の道具にしたり、工業製品と単純にGDPに割合換算したり、人にとって身体を作る食べものが第1次であり、身の回りのさまざまな工業製品は2次的な物・・・産業としてではなく人が生きることに対してどういうものかと考えると、経済性だけでは計れないのは一目瞭然ですよね。
これに多面的機能を3自適にみることもできますよね。
買う・食べるだけではないところの意識を持って頂くことも大切ですね。
  1. 2011/01/14(Fri) 21:54:44 |
  2. URL |
  3. yumico #MBN2DyBI
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://agredy.blog109.fc2.com/tb.php/11-fc38a454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。