fc2ブログ

女性農業者in北海道





「私で良ければ頑張ります!」を合い言葉に :: 2011/02/18(Fri)

先日、石狩管内女性農業者ネットワーク“グググのグ”では「農業・農村における男女共同参画社会にむけて」
~今こそ活かそう農村に私たちの力を!~
・・・と言う題名はかなり堅い講演会をした。
講師は福岡県で最初の女性町長で、福岡県男女共同参画センターの前館長 中嶋玲子さん

農業の分野ではまだまだ公職にある女性も少なく、農家経営での経営参画もままならない状況が根強い。
家族で経営していても、自分のいる経営の全貌が見えていない人も多い。
経営主のワンマン経営で女性だけでなく若い後継者にも見えない経営であったりする。

なぜいつまでも、こういう状態が続くのだろう??

農業地域も今頃は税務申告と各種研修が目白押し。
新しい栽培技術、家畜管理技術、政策や制度の変更、JAなど関係機関の説明会、研修会・・各種総会。
こういうものにキチッとでて聞いておかないと、時代に乗り遅れていくのだ。
でも、こういうお知らせは封書で経営者宛に来るものも多い。
・・・となると情報は経営主に集中するのだ。
家でおとなしくしていると、結局理由もわからないけれど、夫の指示で昨年までとは違う仕事の仕方になったりする。
やっぱり情報は自分で仕入れなければ力にならない。
最近はFAXで来る案内も多いので、ぜひ女性も参加して農業者として能力を高めていく必要がある。

広い視野を持つ、新聞もちゃんと一面から、政治や国際面も読むことは重要。
もちろん一紙ではなく、できれば多方面の見方も読もう。

4つのベルってしってた?
(食べる・しゃべる・比べる・調べる)だって!

既成概念にとらわれず、ポジティブに生きよう。
~壁にぶつかったときに、できない理由ではなくどうすればできるのか考える

ネットワークを作る(消費者・異業種・地域・男性)

そして地域への愛着を持ち、活性化する。
次世代が「ここ」をえらんでくれるような地域を作る。
~これは私たちの活動テーマ”えらぶなら農業 住むなら農村” と一致するね。

そうすると、何か頼まれるようになる。
その時には
「私で良ければ頑張ります。」と言うこと。

さあ、皆さん ご唱和下さい。〈私で良ければ頑張ります〉 

本当に身近で力強いお話をまた聞くことができた。
忙しい中 石狩のために時間を割いていただいて本当に良かった。

このあとの開催されたいくつかの会議では、だれもが積極的に役割分担を引き受け、前向きな発言が目立ち嬉しい限り。

惜しむのは、農業委員会や関係機関の男性たちも呼んで聞かせられなかったことだ!





  1. グググのグ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
前のページ